良質のたんぱく質で白髪予防!

良質のたんぱく質で白髪予防!

10代や20代や30代の若いうちから白髪が生えてくる原因として、髪や頭皮への栄養が足りなくなっている場合があります。
そして、40代からの白髪が増えてくる年代でも、良質のたんぱく質を含む食材を食べることで白髪予防をすることができます。
毛髪の主な成分は、含硫アミノ酸というたんぱく質です。
健康な髪のために、良質なたんぱく質をとることはとても大切です。
たんぱく質は、魚や豆類、肉や卵、牛乳などに含まれています。
また血管の柔軟性を高めるといわれている、エイコサペンタエン酸もサバやカツオなどの青魚にたくさん含まれているので積極的にとりたいものの一つです。
そして、皮膚や毛髪を形成する亜鉛が豊富に含まれているといわれているのが、牡蠣やレバー、牛肉です。
これらの食材をバランスよくとることが、白髪予防につながるといわれています。
亜鉛は、ホヤ、平貝、タラバ蟹などに多く含まれてはいますが、なかなか体に必要な分を摂取するには難しいため、サプリメントなどでとっていくのもおすすめです。
また、銅ミネラルも白髪予防になります。
銅ミネラルは、アーモンド、カシューナッツ、カボチャの種などに含まれますが、摂り過ぎはよくないとされているため注意も必要です。